口元をよりきれいに見せる審美歯科

「歯が欠けてしまった……」「口元の印象をよくしたい」など見た目が気になる患者さんもたくさんいるのではないでしょうか。大阪府吹田市藤白台の歯科医院「かじはら歯科クリニック」ではそれらの悩みを解決する審美歯科をご提案しています。
当クリニックでは見た目が気になる方には「セラミック」素材を使用した歯科技工物をご用意しています。セラミックを使用した診療ご検討されている方は、お気軽に当クリニックまでお問い合わせください。

セラミックの技工物について

セラミックは陶器に使用される耐久性の高い素材です。セラミックを使用することで天然歯のような自然な仕上がりになります。さらにメタルフリーなので金属アレルギーの心配もありません。セラミックを用いた補綴物(ほてつぶつ)は自費治療となり費用もかかりますが、より優れた審美性や機能性を考えている方は銀歯をセラミック素材に変えることをおすすめします。

セラミックのメリット

セラミックが優れているポイントについて3つご紹介いたします。

セラミックを使用することで天然歯に近い仕上がりにるので、見た目を気にすることもありません。さらにプラークの付着を防ぎ、虫歯や歯周病のリスクを軽減します。

金属アレルギーをお持ちの方は金属製の詰め物・被せ物を使用できない場合があります。セラミックはメタルフリー素材なので金属アレルギーを起こす心配がありません。

銀歯を長年使用していると、金属が溶けだし歯ぐきを黒く染めてしまう場合があります。しかしセラミックはメタルフリーなので歯ぐきが黒くなってしまう心配はありません。

詰め物を用いたセラミック治療

セラミックインレー

「セラミックインレー」とは、初期から中期の虫歯を削った箇所に取り付けるセラミック製の詰め物のことをいいます。天然歯に近い自然な仕上がりを実現します。

治療前

治療後

被せ物を用いたセラミック治療

セラミッククラウン

「セラミッククラウン」とは、中期から末期にかけての虫歯治療によって歯を大きく削った場合に取り付けるセラミック製の被せ物のことです。銀歯や金歯からセラミック製のものに変えることで審美性、咬み心地にも優れた歯を手に入れることができます。

治療前

治療後

前歯の治療 ラミネートベニア

歯の表面を薄く削りセラミック加工した「シエル」と呼ばれる素材を貼り付けることで、歯の表面を白く見せる方法です。ホワイトニングでは白くならない変色した歯にも効果的があり、歯の表面のシエルによってプラークが付着するのを防ぐことができます。さらに歯の隙間を埋めることができるので、削る箇所も最小限に抑えることができ、歯への負荷も軽減できます。

こんな方におすすめ!

  • 前歯の隙間を埋めたい方
  • ホワイトニングがおこなえない方
  • 短時間で歯ならびを改善したい方

治療前

治療後

このページの先頭へ

Copyright © かじはら歯科クリニック All Rights Reserved.